FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2015.04/08(Wed)

20150408 血界戦線アニメ化!!! 

内藤先生、お誕生日おめでとうございます!!!

のっけから前置きもなく大先生の生誕記念日にお祝いをのべたところで。
血界戦線、アニメ化~~~!!
楽しみ半分不安半分で今期を待っていましたが、アニメ1話見てみてのワクワクがここ数日胸の中で踊りっぱなしなので、この先も楽しみにしております。

ご存じない方がこの記事見てくれてた場合のために露骨にステマっておきますとですね。
現在放映中のアニメ『血界戦線』の原作漫画は私がめっちゃ大好きな作品でございまして。
作者の内藤泰弘さんは血界戦線の他の代表作として『トライガン』を描いていた、あるいはゲーム・アニメの『ガングレイヴ』の主要制作スタッフとして関わっていらした、知ってる人は知っている的な中堅漫画家さんです。
トライガンに出会ってからかれこれ15年近く、私が趣味の横好きとはいえ漫画を描くにあたってモースト影響受けた作家さんの一人。
大げさでなくこの人がいなかったら今の私はいなかったと思える作家さんです。

で、その内藤さんの『血界戦線』がアニメ化&原作最新刊発売ということでもーここ数日テンション上がりっぱなしなわけですよ旦那!
みんなも見よう&読もう!
アニメ1話はニコニコ動画他いくつかのサイトで配信中(ニコニコ)、
漫画もニコニコにて原作コミック2巻までを4月19日まで無料で読めますので!(http://seiga.nicovideo.jp/book/series/102930

特にねー、アニメ1話見て面白そうだけどよくわかんねぇなってなった人は原作1巻読んで欲しいねー。
アニメは尺の都合で原作の説明くさいシーンとかギャグっぽいシーンとかすごくばっさり削いじゃっててもったいなかったから。
ザップさんの第一話の時点での「あーこいつクズなんだ」オーラたっぷりだから!

とかなんとか散々ダイレクトにマーケッた上で、以下、個人的なアニメ1話の感想。

◇◇◇

石田フェムト!
ザップさんのかっこよすぎる戦闘シーン!
BUMP!

アニメ1話をまとめるとこんな感じでしたBパートをAパートの倍以上は繰り返し見てます。

いやなんだろ、正直に有り体に言うと気に食わないところはいっぱいあって、この先の不安点も多々あるんですよ。
特に1話は尺の関係か、原作で100P超連載3話分を20分強に圧縮してて、キャラの人となりを表す美味しいやりとりばっさりカットされてたのが、「アニメであのシーンを見れる!」的な楽しみにしてた感裏切られたなーってのはありました。
アジトに着き次第旦那に襲いかかるザップとかそれを容易くいなす旦那とか転がされたザップを平然と踏むチェインとか、あのへんのきなみカットはもったいなさすぎる……
半神とザップの戦闘シーンめっちゃくちゃかっこよかっただけに、だからこそ旦那>>>ザップなの最初に印象づけておいて欲しかったなー。
半神と旦那比べて浅すぎだぜ神様!の台詞もなかったし。
あと切り崩されたダイナー前のレオの逡巡と覚悟決めるとこ、大事なシーンだと思うんですよ。
また大事な人を失った……って絶望から、まだ間に合う、今度こそ自分が助けるんだっていう、その重みみたいのもっと出して欲しかったなー。
他にもちょっとしたとこにねじこまれてたギャグ、銀行強盗へのレオのコメントとかSS呼ばわりとかお前が逃げるほうに2ドル賭けてたとか。

と、まあ色々言いたいことはあるんですが。
それらをさっぴいても1話おもしろかった!
NYの町並みを描いた雰囲気たっぷりの背景美術、小粋な音楽、動きまわる内藤キャラたち!
なんかこうぼんやり眺めてるだけで幸せな気分になれちゃう仕上がりでした。
フェムトのTVジャックもお遊び感マシマシな演出で大変愉快で、しかも後ろに他の13王たちも揃ってるとか!
アリギュラちゃんやゼオドラさんらしきシルエットもあってニヤってしちゃったので、アニオリで原作未登場の王出てこないかなー!
そいからザップさんの戦闘シーン!
なんだあのオサレ滑空じみた謎滑り斬撃!(笑
ガングレイヴO.D.の屍十二を彷彿とさせますね!
七獄のライター着火が原作よりかっこよくなってた!
半神の再生シーンもすごい気合入ってて、うわーこの化け物やべー!って感じがしました。
そして最後に盛り上げてくるBUMP!
ねー、普通に好きだから私も、BUMPOFCHICKEN。
CDの発売待ち遠しい。
原作だとノミをプチッといくシーンはあっさりめのギャグ寄りシーンだったけど、あそこのシーンはレオが望まずに手にしてしまった異能で初めて「成し遂げる」禊みたいなシーンでもあるので、あのアニメチックな盛り上げはとても良かったと思います。
一応設定的にはあそこレオがしくじってたら大惨事ってレベルじゃなかったからなー。
それにしても神々の義眼はなかなかアニメ映えするなー。
あと原作だとコミックスあとがきではっちゃけるフェムトが次回予告ではっちゃけてたの大変愉快でした。
「ばぁーかぁめぇっ!」の言い方超好きです。

ところで、ニコニコ動画とかのコメントで、世界観とかがよくわからないみたいなコメントをちらちら見かけたけど、そんなにわかりづらかったかな……?
半神関係のゲームのルールははっきり説明不足だなーと思ったけど。
街の状況とか空気みたいのは前半のグァバラさんとのテレビ番組での説明で十分な気がしました、そう思いませんかグァバラさん?「ハァイ!」
でもまあそのあたりの空気感はやっぱり原作漫画がわかりやすくねじこんでたよなーってあらためて思う。
個人的に、原作でダイナーで音速猿がカメラ盗んだシーンの、モブ異界人の「あの兄ちゃん気の毒だなー」って台詞が好きなんですよね。
あ、この見た目変な人たち普通に話通じる良い人たちなんだ、って。
あとその後の銀行強盗鎮圧に対する特殊部隊の横暴っぷりで、なんかもー細かいこと気にしちゃイケねんだこの作品、みたいなの感じたり。
異界と混ざって色々狂ってる街、っていう雰囲気は今後のアニメにも期待したいです。

とりあえず2話以降もがっつりと楽しみ!
原作での尺ではゴーストワゴンの話はフェムト事件の半分なので、それで1話使うとしたら今度はちゃんと遊びの入ったシーンも再現できるだろうから、来週からが本番とも言えるかもしれない。
ワゴン追跡のシーンはたぶん作画動いちゃうんだろーなー、期待しちゃいます!
【編集】 |  20:19 |  漫画とか小説とか感想とか  | TB(0)  | Top↑

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。